浴室で水のトラブルが発生したら業者に連絡をしよう

浴室で水のトラブルが発生したら業者に連絡をしよう 浴室はお湯が出なくなったり、つまりが発生したり、水漏れが起きたりと、水のトラブルが発生しやすい環境です。そのため、日ごろから水回りの設備を丁寧に扱い、定期的な点検をしておくことが重要です。怠ると後々大きな水のトラブルにつながってしまう恐れもあるので、こまめに自分で確認をするか、早めに業者へ依頼するようにしましょう。
業者へ点検をお願いすると、不具合があっても大きな水のトラブルへ発展する前にきちんと対処してもらえますし、確実に修理を行ってくれます。迅速に作業が進み、道具を揃える必要もありません。業者を選ぶ際にはいくつかのチェックポイントがあるので、前もって把握しておきましょう。

■料金について調べる

点検や修理を依頼する時、かかる費用について確認をしておくことはとても大切です。費用は業者のホームページなどから調べられますが、書かれている金額は概算で算出されていたり、最低料金となっていたりする場合もあるため、見積もりを出してもらうのがポイントです。確かな業者であれば修理内容の内訳や、工事の内容についてより詳細に教えてくれるので、安心して依頼をすることができます。
また、業者によっては別途出張費がかかる場合もあります。この点もきちんと確認をとっておくと、依頼者と業者の間で認識に差が生まれることを防げます。
支払い方法についても様々で、銀行振込での支払いやクレジットカードでの支払いに対応しているところなら、急な水のトラブルが発生しても慌てずに済みます。

■詳細なサービスの内容を確認する
水道にまつわる点検や修理を行っている業者は、小規模なところから大規模なところまで、多岐にわたって存在します。行っているサービスの内容もそれぞれに違いが見られます。
中でも24時間連絡を受け付けていて、365日対応しているところに依頼をすると、いつでも駆けつけてもらうことができます。ただし時間外料金がかかる場合もあるので、しっかりチェックをしておくことが肝要です。
身だしなみに気を使ってくれるところも見受けられ、作業着の汚れや工具の汚れをそのままにしないよう心がけている業者もあります。実際に点検や修理を行ってもらう時にどのような対応をしてくれるのかは、業者のホームページや口コミサイトなどから調べることもできるので、参照してみるのがおすすめです。

■水道局指定工事店かどうか

業者を選定する際、一つの指標となるのが、水道局による認定を受けているかどうかです。水道局指定工事店とは、公的な機関から認定を受けている工事店のことで、身元がはっきりしているためトラブルにも巻き込まれにくくなります。認定を受けていなければ水道工事を行うことは違法に該当し、場合によっては水の供給を止められてしまう恐れもあるので、きちんと認定を受けているか確かめるようにしましょう。
そして、認定を受けているだけではなく、過去の実績も豊富にあることが重要です。業者は過去にどのような施工を行ってきたのか公開しているケースも多いため、例を参考にしながら、依頼について検討をするのが良い方法です。

■まとめ
浴室は生活をしていく上で頻繁に使用する場所であることから、日ごろから点検を欠かさず、水のトラブルが発生した場合は早急に解決をする必要があります。
水道工事や修理、点検を行っている業者は多数ありますが、水道局の認定を受けていて、料金について明示してくれるところ、柔軟な営業体制で運営をしているところに依頼をすると良いでしょう。
さらに浴室のどのような部分で水のトラブルが発生しやすいのか、原因は何かなど、詳細な内容について知識を得ておくと、依頼を検討する際に役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース